鹿屋市に住む

​鹿屋市を知る

大隅半島の中心に位置し、人口10万人以上と鹿児島県で3番目の人口を有す中核都市。

温暖な気候と豊かな自然を活かした農業や畜産が盛んである。サツマイモをはじめとする農作物はもちろん、黒豚・黒牛に錦江湾のカンパチ養殖と、美味しいものには事欠かない、全国で唯一の国立体育系大学「鹿屋体育大学」が有名だが、小学校からICTを活用するなど児童教育にも力を入れており、特に英語教育は全ての小学校で1年生から取り組んでいるほどだ。

​鹿屋市観光

百万本のばらに抱かれ癒される

「かのやばら園」

現代バラを代表する数々のハイブリッド・ティー、高貴で魅力的なオールドローズ、そして人気のイングリッシュローズなど世界の様々なバラを見ることが出来ます。
特に、品質については高い評価を受け、最上級の美しさ・鮮やかさを鑑賞できるばら園となっています。

​鹿屋市の返礼品

日本一 和牛のふる里 かのや 》
平成29年9に宮城県仙台市で開催された「第11回全国和牛能力共進会」で、鹿児島県が団体賞で総合1位を獲得し、鹿児島和牛が日本一になました!
鹿屋市からは7頭が出品され、全ての牛が上位5席に入りました。

​鹿屋市に住む

鹿児島県鹿屋市(かのやし)は本土最南端へと伸びる大隅半島のほぼ中央に位置し、大隅地域の交通・産業・経済・文化の拠点となっています。
産業では農畜産業が盛んで、「鹿児島黒牛」「鹿児島黒豚」は県下有数の生産地です。