ここふる Vol.2 見どころ満載「佐賀の秋」
Vol.2表紙.jpg
image2.jpeg
秋のイベントを楽しむⅠ
伊万里トンテントン祭り
10/26(土)~10/27(日)
伊万里の秋を彩る一大イベント「いまり秋祭り」
日本三大けんか祭り「トンテントン」は、荒御輿と団車が激突し組み合う雄姿は壮観。
​祭りの最高潮「川落とし」は感動の渦と化す。
トンテントン1.JPG
15530400981.jpg
秋のイベントを楽しむⅡ
2019佐賀インターナショナル・バルーンフェスタ
40回記念大会
10/31(木)~11/4(月)
嘉瀬川河川敷会場に国内外から100機を超えるカラフルなバルーンが集結。
早朝の競技スタートと共に離陸する光景は圧巻。
会場には、佐賀の特産品を一堂に集めたバルーンモール「うまかもん市場」もオープン
​新鮮な農産物や水産物の販売、フードコートでは佐賀の山の幸、海の幸が堪能できる。
秋のイベントを楽しむⅢ
唐津くんち(ユネスコ無形文化遺産)
11/2(土)~11/4(月)
唐津最大の祭り「唐津くんち」唐津神社の秋季例大祭として1958年に佐賀県重要有形文化財、1980年には国の重要無形民俗文化財に指定された。
また2016年には曳山行事を含む「山・鉾・屋台行事」がユネスコ無形文化遺産に登録。​国内外から大勢の見物客が訪れる。
IMG_2804.JPG
佐賀県移住特集
佐賀でみつける、心地よい暮らし方
image1.jpeg
最優秀賞(浜野浦の花火).jpg
玄界灘の美しい景観と美食の町  玄海町
福岡市内から西へ60km、車で約90分のところにある美しい町、それが玄海町だ。
夕日に染まる美しい棚田の景色は「日本の棚田百選」や「恋人の聖地」にも指定され、国内外から多くの観光客が訪れる。
​また、玄界灘に面し、山や川の豊かな自然に恵まれた玄海町は、漁業や佐賀牛をはじめとする畜産、フルーツ栽培が盛んで、その安全安心の品質が高評価を得て「玄海ブランド」として、その魅力を全国に広めている。
あなたも、玄海のまちづくりに参加してみませんか?
玄海町は住民と行政が協働できるまちづくりを目指しています。
移住支援や玄海町での起業など、一度相談してみませんか?
​玄海町の移住に関するお問い合わせは⇒
1大川内山.jpg
伊万里焼.jpg
ちょうどいいまち 伊万里暮らし  伊万里市
伊万里市は北部九州の西部に位置し、天然の良港伊万里湾を抱く人口6万人の町。古くは「古伊万里」の積出港として栄え、近年では伊万里湾総合開発を軸に大規模な臨海工業団地を造成し、造船、IC関連産業、木材関連産業等の集積により近代的な工業港として発展している。
伊万里を体験しよう
伊万里市では体験宿泊が出来る農家民泊「ムラ泊」で、体験希望者をお迎えしています。長閑な自然の中、農業や蕎麦打ち体験など農山漁村暮らしが体験出来ます。
​伊万里市への移住に関するお問合せ先は⇒
陶磁器店.JPG
2焼物体験(絵付け).JPG
日本の磁器400年の歴史を偲ぶ町  有田町
日本の磁器発祥の地、有田町は佐賀県が世界に誇る焼き物「有田焼」の産地。江戸時代後期から昭和の初期の焼き物店などが並ぶ、内山地区の重要伝統的建造物群保存地区、古くからの窯元が残る黒牟田・応法地区。古窯群と佐賀県立九州磁器文化館などの文化施設群で構成された地区。その文化的景観は、後世に残したい「日本の20世紀文化遺産」にも選ばれている。
移住体験お試し住宅あります!
有田町での生活を体験したい!移住に向けた仕事や住まい探しの拠点にしたい!そんな移住を希望されている方が、移住体験出来るお試し住宅を無料(水道光熱費は利用者負担)で提供しています。有田暮らしを肌で感じるチャンスです。
​有田町への移住に関するお問い合わせ先は⇒
のどかさと利便性が調和したまち
​さがぐらしはじめませんか?
佐賀市は佐賀県の南東部に位置しており、平成17年と19年に周辺の1町村と合併、北は福岡市、南は有明海に面した南北に長い市となった。佐賀市の北部地域は背振山系、天山山系の山ろく部の山林や清流が広がり、古湯・熊の川温泉がある中心部は、明治期の日本の近代化を先導した「幕末維新期の佐賀」の歴史遺産が市街地の各所に残る。南部地域では佐賀平野に広がるクリークと田園風景を見ることができ、最南端は有明海と、各地域で違った環境を有しており多彩な魅力を持ちつ街となっている。また、株式会社野村総合研究所が発表した全国成長可能性ランキングでは、都市の暮らしやすさで1位となっており、生活しやすい街となっている。
佐賀市定住促進通勤定期購入費補助金
​佐賀市に移住しながら市街で就労する方を対象に、特急定期券、高速バス定期券の購入費用の一部を月15,000円を上限に最大36か月間の補助が受けられます。佐賀から博多までは特急で40分程度であり、十分通勤圏といえる。
佐賀市への移住に関するお問い合わせは⇒​

「自然と歴史と人が輝く未来都市」神埼市

 

神埼市は、佐賀県の東部に位置し、北部に脊振山、南部に筑後川を有する大自然に恵まれた町。筑後川を挟んで福岡県久留米市、西は県都の佐賀市と隣接。市内の中央をJR長崎本線と国道34号が東西に横断し、その北側に長崎自動車道(高速道路)と県道31号が並走。広域的な交通網の整備が進み、佐賀市や鳥栖市などの商業圏や佐賀空港まで20キロメートル圏内。福岡都市圏や福岡空港へも短時間でアクセスが可能である。

豊かな自然と美しい公園

神埼市は公園の多い町。全国的にも有名な「国営吉野ケ里歴史公園」、国の名勝「九年庵」をはじめ、市内いたるところに美しく機能的な大小数多くの公園がある。

「幸せつなごう かんざき」神埼市のここがおすすめ

神埼市は「自然と歴史と人が輝く未来都市幸せつなごう かんざき」を将来ビジョンに掲げ、地域の活性化を図り、住みつづけたいまちを目指して、さまざまな定住促進事業や子育て支援を行っている。豊かな自然環境の中、のびのびとした子育てには最適な町です。

神埼市への移住に関するお問い合わせは⇒

博多まで最速12分!

子育て世代を中心に、人口が増え続けるまち 鳥栖市

 

佐賀県の東端に位置する鳥栖市は、鉄道や幹線道路が交差する九州陸路交通の要衝として、抜群の地理的優位性を背景に数多くの企業が進出していて、子育て世代を中心に今もなお人口が増え続けている活力ある都市です。

鉄道と高速道路が交差する、九州№1の交通アクセス

「鳥栖ジャンクション」「JR鳥栖駅」「旧sでゅう新幹線新鳥栖駅」などの交通結節点の存在によって、九州各都市へのアクセスも抜群であることから、福岡都市圏への通勤通学はもちろん、九州各地へのレジャーやドライブも満喫できます。

まちに感動と誇りをもたらす、サガン鳥栖のホームタウン

​鳥栖市を本拠地とするプロスポーツがまちを盛り上げ、スポーツ文化の普及に寄与しています。

鳥栖市への移住を体験してみませんか?

​山沿いにある大きな家で、都市の便利さと自然の豊かさのイイトコ取りができる、「お試し移住事業」を実施中。

​鳥栖市への移住相談はこちら⇒